UVコーティングの特徴【塗料には複数の種類がある】

最新記事一覧

床を保護する

作業員

塗料の違いが費用の違い

フロアコーティングの価格は、使用される塗料が大きなウェイトを占めています。人件費に関しては、どのフロアコーティングでもそれほど違いはありません。基本的なフロアコーティングの流れとしては、コーティングしやすいように家具などを撤去し下地処理を行います。床の状態が悪ければ補修を行った上で行うことになりますし、過去にフロアコーティングを施している場合にはそれらを一旦剥がしてから新たなコーティングを行います。余分な場所に塗料が付着しないように養生を行います。準備が整うと塗布して乾燥させ、乾燥が完了すると養生を撤去して完成です。フロアコーティングで使われる塗料としてはアクリル系、ウレタン系、シリコン系、ガラス系などがあり、またUVコーティングがあります。価格としてはアクリル系がもっとも安くいわゆるワックスと同程度の効果があります。ウレタンは一昔前まで高級塗料でしたが、現在では標準的に使われるものとなっています。一方でシリコン系は費用対効果に優れ価格もウレタン系とそれほど変わりませんが、耐久年数が長いといったメリットがあるため主流になっています。ガラス系はもっとも長期間にわたって効果を発揮しますが価格は高めです。またUVコーティングはフロアコーティングに必要な乾燥時間を紫外線ライトによって瞬間的に行えるようにしたもので、作業時間が短縮されるメリットがありますが価格は高めです。フロアコーティングを選ぶ際には業者が得意としている分野のコーティングを選ぶことがポイントです。多くの経験を積んでいるものであれば仕上がりも良く起こりうるトラブルを避けることができます。

Copyright© 2018 UVコーティングの特徴【塗料には複数の種類がある】 All Rights Reserved.